利水社 > 組織・業務紹介 > 業務紹介 > 金沢市 港エネルギーセンター塔槽類不等沈下測定業務の実施結果

金沢市 港エネルギーセンター塔槽類不等沈下測定業務の実施結果

最終更新日:2017年8月4日 金

%e6%b8%af%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%bc

業務内容

この業務では定期的に港エネルギーセンター内のガス工作物の不等沈下測定を行い、対象施設の基礎レベルを確認し測量成果を報告書に取りまとめました。

アピールポイント

デジタルレベルとバーコード標尺を使用し高精度化を図りました。
対象施設の基礎部を直接水準測量により測定し不等沈下の変動量を求め、測定結果を表及びグラフにより示しました。

担当者からひとこと

金沢市ガス工作物保安の目的という公共性のある業務で継続的に行っており、今年度も規定に定められた精度内であることが確認でき、満足のいく報告ができました。