利水社 > お知らせ > 宇多須神社様の3次元データ取得

宇多須神社様の3次元データ取得

最終更新日:2019年5月9日 (木)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 2019年4月15日(現地時間)、フランス・パリのノートルダム大聖堂が火災により大きな被害に見舞われました。これほど歴史ある建造物を再建することは容易ではありませんが、幸運にも高精度な3Dスキャンデータを取得しており、再建に貢献するのではと期待されています。

 今回ご縁があり、ひがし茶屋街で有名な東山にある宇多須神社様で3次元レーザースキャナーFARO Focuss350(前記事:ものづくり補助金により3次元レーザースキャナーを導入)を使って、3次元データを取得しました。今後は取得したスキャンデータを活用し、維持管理のご提案をして行く予定です。

 金沢市内には金沢城や尾山神社をはじめとした文化財建造物が多数あります。古都金沢を物語る文化遺産として、地域に根差したレガシーとして、長年にわたり人々に愛されてきた歴史的建造物を後世に継承できるよう、3次元データ化の水平展開に取り組んで参ります。

【お問い合わせ先】
 空間情報事業部 営業部 企画開発室
  林 輝幸
 TEL:076-238-9100  E-mail:teruyuki-hayashi@risuisha.co.jp